リテラシーとは!恥ずかしくないリテラシー講座

リテラシーとは?この疑問を無視しているかのように、
リテラシーという言葉があちこちで使われている。

 

 

何でもかんでも片仮名にするな~ヾ(。`Д´。)ノ

 

 

と、叫びたくなるので、
問題を起こす前にリテラシーについてまとめることにした。

スポンサードリンク

 

リテラシーとは?

リテラシーというのは、
特定分野での知識や能力などのこと。

 

 skill01

 

 

世間では○○リテラシーとよく言われているので、
気になったことのある人も多いと思う。

 

 

この場合は○○に当てはまる言葉に関する、
知識や能力を指す場合がほとんど。

 

 

注意したいのは知識を持っているだけではなく、
持っている知識を有効に活用できる能力までが揃って
○○リテラシーと呼ぶということ。

 

 

だからリテラシ-とは…
リテラシー=知識+活用する能力

 

 

具体的なリテラシーの意味

先にリテラシ-とは…
リテラシー=知識+活用する能力
このように書いた(読んだ?)

 

 

でも、これだけでは意味がわからないので、
今回はメディア リテラシーを例に具体的にまとめる。

 

 

メディア リテラシーとは…

メディア リテラシーを
リテラシー=知識+活用する能力に当てはめると…

 

 

メディア情報に関する知識と能力という形になる!

 

 

………

 

 

…ちょっ分かりづらい( ̄_ ̄ i)

 

nayami

 

分かりづらいのでメディアリテラシーの、
知識の部分と活用する能力を分けて具体例をまとめると…

 

 

 

まずはリテラシー=知識+活用する能力の、
知識部分の一例↓

 

メディア リテラシーの知識例
  • メディアに関する情報というのは、
  • 音響効果や視覚効果などの心理的な影響。
  • 新聞会社ごとによる報道の傾向。
  • メディア情報の記者などは何を伝えようとしているのか?
  • 情報媒体から削除されているヶ所は?
  • 情報の根拠は?
  • 情報を理解するための前知識
  • …など

 

 

 

リテラシー=知識+活用する能力の、
活用する能力の部分がどんな感じになるのか?というと↓

 

メディア リテラシーの活用する能力

分析した情報を
自分の目的のためにという前提のもとに…

  • どのように情報をまとめるのか?
  • どのように情報を加工するか?
  • 情報に基いてどんな行動をとるのか?
  • …など

 

だいたい上記のような感じ。

スポンサードリンク

他にもある○○リテラシー

メディア リテラシー以外にも、
沢山の○○リテラシーが存在する。

 

 

○○リテラシーの例
  • 情報リテラシー
  • 金融リテラシー
  • エコリテラシー
  • 科学的リテラシー
  • 経営リテラシー
  • ネットリテラシー
  • アカデミックリテラシー
  • …など

 

色々な分野で使われすぎて、
把握しきれない状態。

 

リテラシーの身近なお話

○○リテラシーというと、
ちょっと難しい感じがしてならない。

 

 

でも実際にはプロであれば持っていて当たり前の知識や能力。

 

 

例としてあげたメディア リテラシーも、
プロであれば持っていて当たり前の知識や能力だと分かる。

 

 nattoku01

 

○○リテラシーそのものは新しい言葉だけど、
リテラシーの指している中身は昔から日本にあったもの。

 

 

 

だから新種の○○リテラシーという言葉に遭遇したら、
○○の分野で働く人には、
どんな知識や能力が必要なんだろう?

 

 

このように考えてるといい。

 

 

全てとは言えないけど概要程度なら分かるはず。

 

 

リテラシー裏側

リテラシーは、
プロであれば持っていて当たり前の知識や能力と書いた。

 

 

しかしプロでなくても持っておいたほうが良いリテラシーも存在している。

 

 skill02

 

 

例えば一定以上のインターネットリテラシーとかは、
持っていないと情報格差に悩まされる可能性が高い。

 

 

インターネットでの募集しか行わない企業があるように、
インターネット上からしか手に入らない情報も多い。

 

 

インターネットが出来るかどうかだけで、
受け取れる情報にかなりの差が生まれる。

 

 

 

情報格差が生まれると身近な例では、
以下の様な問題で悩むと思う。

 

情報に格差が生まれると…
  • インターネットが出来る人間は良い仕事に就きやすい。
  • インターネットを使えない人間は良い仕事に就くくチャンスを失う。

 

 

現在でもインターネットリテラシーが高い人間ほど、
より良質なチャンスを得ている。

 

 

リテラシーとは!恥ずかしくないリテラシー講座 まとめ

 リテラシーが低いとプロとしてやっていけない。

 

 

でもプロではなくても一定以上のリテラシーがなければ、
ネットリテラシーのように損をする可能性も生まれる。

 

 

自分に必要なのは、
何リテラシーなのかを明確にしておくことが
今後はいっそう重要になりそうだ。

 

 

………

 

 

……

 

 

リテラシー→リラシー→ミタラシ→みたらし…団子(*´д`*)

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ