マラリアとデング熱の違いは?予防接種が不可能な理由

マラリアとデング熱は、
日本でも時々話題になるよね。

 

 

どちらの病気も、
蚊が感染の原因になるっていう、
共通点があるんだ。

 

 

今回の萌え猫リサーチは、
マラリアとデング熱について。

 

 

熱帯地域への旅行前に要チェック☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

 

 

蚊が原因になる2つの病気

に刺されて感染する病気は沢山あるよね。

 

 

日本であれば日本脳炎が、
特に有名なんじゃないかな?

 

 

今回のマラリアとデング熱も、
蚊が原因で感染する。

 

 

natsu02

そんなマラリアやデング熱は、
熱帯地域で感染する人が多い。

 

 

熱帯地域は気候の影響とかで、
やっぱり蚊も多い。

 

 

さらに熱帯地域には、
セブ島やフィリピンといった、
人気リゾート地があるよね。

 

 

だからリゾートに行って、
帰国後に感染という事例が多いんだ。 

 

 

更にマラリアやデング熱の、
有効なワクチンは日本にないんだ。

 

 

だから蚊にいつの間にか刺されて、
日本に帰国後に発症…

 

 

こうなるとワクチンによる対策がとれず、
症状が自然に治まるのを待つしか無い。

 

 

だから蚊を近寄らせないように、
虫除けスプレーとかが必須だよ。

 

 

マラリアとは?

koreda01

マラリアとデング熱が、
今回のテーマなんだけど…

 

 

まずはマラリアについて、
まとめていくよ。

 

 

マラリアの原因

マラリアの原因になるのは、
マラリア原虫なんだ。

 

 

マラリア原虫は、
赤血球中に入り込んでしまう。

 

 

だから血液標本を使って調べるけど、
大変な時間が作業になるんだ。

 

 

しかもマラリア原虫は4種類存在しており、
感染した種類によって発作の周期が違う。

 

 

だから発症のタイミングをヒントに、
医師がマラリアだと判断するのが、
難しい場合もある。

 

 

マラリアの原因
  • マラリア原虫への感染
     ○蚊がマラリア原虫を運ぶ
     ○赤血球の中に入り込んでしまう
     ○マラリア原虫は4種類存在している
      →種類ごとに発症の周期が違う
  • 取りつく場所の例
     ○赤血球系
     ○脾臓
     ○肝臓

 

 

マラリアの症状

kizutuita01次はマラリアの症状について。

 

 

先にマラリアには、
4種類あると書いたよね。

 

 

そんな4種類のマラリアの中でも、
熱帯熱マラリアに感染した場合には、
死亡の可能性が出てきて特に危険なんだ。

 

 

マラリアの症状
  • 感染したマラリア原虫により発症の周期が違う
     ○複数のマラリアに感染することもある
     ○潜伏期間は、どれも数週間程度
  • 症状
     ○4種類あるマラリアの共通する症状
     ○発熱と解熱を繰り返す
     ○肝障害
     ○慢性化すると痩せる
      →免疫反応による脂肪の破壊と肝障害の影響

 

 

マラリアの治療

マラリアの治療に関しては、
自然に回復するのを待つのが、
一般的なんだ。

 

 

当然だけど感染が判明すれば、
病院で対処を行う。

 

 

この場合は治療経験がある医療機関と、
診断した病院とが連携して治療する。

 

 

ただ治療薬に問題があって、
自然回復を待つ場合がほとんどなんだ。

 

スポンサードリンク

マラリアの治療薬

マラリアには効果の高い治療薬はある。

 

 

でも日本にはマラリアが存在しないため、
国内にある薬は少数なんだ。

 

 

更にいえば特効薬も存在するけど、
コチラは一錠で失明した人がいるという、
いわくつきの薬。

 

 

ちなみに マラリアの予防薬として、
治療薬が用いられることもある。

 

 

でも短期間の旅行の場合には、
副作用の問題もあり、
使われないことも多いんだ。

 

 

デング熱とは?

megane11次はデング熱についてまとめるよ。

 

 

マラリアと同じようにデング熱も、
蚊に刺されることにより感染する。

 

 

デング熱も蚊が原因だから、
熱帯地域に行く場合には注意しよう。

 

 

デング熱の症状

デング熱は感染してから、
週単位で発症する。

 

 

治癒すれば、
通常であれば問題はないけど…

 

 

デング熱の厄介なところは、
免疫ができると再び感染した時に、
重症化する可能性がある点。

 

 

普通の病気なら免疫ができると、
罹りにくくなったり、症状が軽くなったりと、
良いことばかりなのにね。

 

 

デング熱の場合には、
免疫ができると死亡の可能性も、
出てくるからかえって危険なんだ

 

 

デング熱の症状
  • 感染後数週間で発病
  • 免疫ができると別の病態となる
     ○過去にかかった型のデング熱と違う型に感染した場合
       →デング熱は複数の種類がある
       →デング出血熱という病態になる
         デング出血熱には死亡確率がある
         デング出血熱は抗体が上昇するのに数ヶ月かかる
  • デング熱の症状例
     ○発疹
     ○関節痛
     ○発熱

 

 

デング熱の治療方法

isya11

デング熱の治療について、
ここではまとめるよ。

 

 

と、いってもデング熱のワクチンは、
現在、研究段階なんだ。

 

 

これというのも、
免疫ができるとかえって危険になるため。

 

 

デング熱には複数の型があって、
過去に感染したものと違う型に感染すると、
デング出血熱になるよね。

 

 

だから全部の型のワクチンを、
同時に使えばイイ!

 

 

こんなふうに感じるけど、
全ての型のワクチンを使っても、
効果があるか不明なんだ。

 

 

デング熱の治療
  • デング熱は数週間で自然回復する
     ○回復した後は問題なく暮らせる
  • ワクチンなどは研究段階
     ○免疫により次の感染は危険な病態になるため
  • デング熱は免疫ができた後が危険
     ○過去と違う型に感染すると危険な病態になる

 

 

まとめ

今回はマラリアとデング熱についての記事。

 

 

どちらも自然回復を待つのが普通なのが現状…

 

 

しかも現在は熱帯地域に多い病気なんだけど、
温暖化で日本に来る可能性も囁かれている…

 

 

でも、今は熱帯地域への旅行時に、
注意すれば良い状態。

 

 

だから熱帯地域への旅行時には、
虫除けなんかで蚊を遠ざけよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ