厄払いのマナー!料金袋や服装で恥をかかないために!

厄払いは厄年になると気になるよね。

 

でも、神社とかは不浄を嫌ったり、
色々とあってマナーを知らないと、
厄払いの効果って期待できない。

 

今回の萌猫がリサーチしたのは、
厄払いの料金や袋、服装といったマナー。

 

神様に嫌われないように、
マナーやルールを勉強しておこう(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

厄払いの基礎知識

 まずは厄払いの基本を勉強しよう。

 

厄払いや厄年は平安時代からあるので、
現在とは違う部分もあるんだ。

 

厄年は数え年で考える
  • 数え年について
     ○数え年は生まれてから何年目かで考える
       例:数え年は生まれたばかりの赤ちゃんを1歳と考える
     ○お正月を迎えるたびに1歳ごとに年が増えていく
       誕生日ではなく、お正月で年をとる点が通常の年齢とは違う所
  • 厄年は数え年で算出する
     ○男性の厄年:25歳、42歳、61歳
     ○女性の厄年:19歳、33歳、37歳
  • 男性の42歳と女性の33歳の厄年は大厄という年
     ○大厄は名前の通り一際危険な厄年

 

大厄について

特に男性の42歳と女性の33歳は、
大厄といって特に厄が強い時期。

 

そして大厄の前後の年も、
厄があるとされているんだ。

 

大厄の前後の年
  • 大厄の前の年=前厄
  • 大厄の後の年=後厄

 

前厄、大厄、後厄の3年間は、
身を謹んだほうが良いとされているよ。

 

厄払いのマナー

いよいよ本題のマナーについて。

 

厄払いのマナーについて、
ここからは、まとめるよ。

 

厄払いのマナー
  • 厄払いを受ける時
     ○事前の指示をよく聞いておく
     ○しゃべらずに静かにしている
  • 祓い棒でお払いをしてもらう時
     ○低く頭を下げる
  • お払いを受けるときの服装
     ○キッチリとした服装で行く
      男性:スーツにネクタイ
      女性:スーツやワンピース
       ※ジーパンなどは不可の場合もある
  • 前日には、しっかりと体を洗っておく
      神社などは不浄を嫌うので清潔であることが大切

 

厄払いのお金

jinnjya14

厄払いのお金関連の情報を、
ここではまとめておくよ。

 

やっぱり、お金のことは、
凄く気になるんじゃないかな~って、
個人的には感じるけど、どうかな?

 

厄払い料金のマナー
  • 大きな神社であれば金額が提示されている
     ○でも目安が書かれているだけの場合がほとんど
     ○事前に電話で尋ねる人も多い
  • 通常支払われる金額
     ○最低5000円程度であれば失礼にはならない
     ○大体5000円~10000円の間が相場となっている
     ○地域の人を集めての厄払いなら3000円程度ということもある
  • 厄払い料金の支払い場所
     ○お守りを販売する場所で受付~支払いまでを行う所もある
     ○神社ごとに違うので厄払いの受け付けの時に質問しておきたい

 

厄払いで支払うお金と共に気になるのが、
料金を入れる袋について。

 

料金を入れる袋のマナー
  • 料金を入れる袋
     ○紅白の水引きの掛かった普通の熨斗袋(のしぶくろ)を使用
  • 熨斗袋(のしぶくろ)に書くこと
     ○表側
       表側に書くことは上部中央から縦書
        神社の場合:御初穂料か玉串料と縦書して下に自分の氏名を縦書で書く
        お寺の場合:お布施と縦書して下に自分の名前を縦書で書く
     ○裏面下部
       横書きで金額を書いておく
        例:5000円などという算用数字の形で良い
  • 袋に入れる紙幣
     ○新札を入れるのがマナー

スポンサードリンク

厄払いの疑問色々

厄払いを受けるって決めても、
分からないことがあって躊躇することも多いと思う。

 

ここでは厄払いの、
代表的な疑問を、まとめて解決!

 

厄払いの疑問色々
  • 有名な所と地元ではどちらが良いのか?
     ○基本的に地元の神社でも効果は十分だと言われている
       ただし神社仏閣の手入れが行き届いているのが前提
  • 厄除けを受ける人数
     ○1人か少人数で受けるのが良い
  • ご祈祷料(料金)
     ○ご祈祷料の高低で効果が変わることはない
  • 前厄と後厄
     ○前厄と後厄の両方でも厄払いをしておきたい
  • 誰かと一緒の場合
     ○多くの神社や仏閣では厄落としを受ける人と一緒に昇殿できる
     ○付き添いの人が、ご祈祷を受けないのなら料金を取られることはない
  • 厄払いを受ける人数
     ○厄払いは基本的に数十人がまとめて受けるのが一般的
     ○個別の厄払いは事前にお願いすることで受けられる場合もある
  • 事前の予約について
     ○厄払いは事前の予約は一般的必要ない
     ○ただし年末年始などの忙しい時期は電話で確認するのが無難
  • 厄払いを受ける時期
     ○年明け~節分までの間が一般的
       初詣を兼ねて厄祓いを受ける人も多い
  • 厄払いと仏滅
     ○厄払いには大安も仏滅も関係ないからいつでも安心して受けられる

 

まとめ

今回は実際に厄払いを、
受ける場合についてのマナー記事

 

本厄だろうがなんだろうが、
関係ないっていう人もいるよね。

 

でも、少しでも気になるのなら、
厄払いを受けておいたほうが良いかもね。

 

気持ち的なものもあるから、
初詣ついでに厄払いを受ければ、
新年早々に気も引き締まる

 

だから、前年の気持ちから切り替える意味でも、
初詣ついでに厄払いを受けるのもいいと思うよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

14 Responses to “厄払いのマナー!料金袋や服装で恥をかかないために!”

  1. 鎌田吉秀 より:

    厄払いのマナー、大変ためになりました。有難う御座います。日本人でありながら、日本人としての礼儀作法に疎いのでは先の人生思いやられます。日本人としての自覚を新たに、実は古来よりの日本人の作法を学習している私であります。大変お恥ずかしい。此度はお世話になりました。今後とも宜しくお願いいたします。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      私も社会人となってから、日本のマナーを少しずつ勉強している最中です。
      日本のマナー……奥が深くて一生勉強ということになりそうです(;´▽`A“

      コメントありがとうございました。

  2. みきんこ より:

    主人が今年大厄でした。案の定主人の周りにいる関係者が、死にました。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      大変なお年でしたね。
      厄年には、環境の変化などが多くあります。
      色々とあるので、厄年年というのは精神的にキツイ時期ですよね。

  3. パパ より:

    大変参考になりました。有り難うございました。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      厄払いの記事がお役に立てて嬉しいです。
      それでは。

  4. とんちん より:

    大変役に立ちました。
    これから厄払いに行ってまいります。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      お役に立てて嬉しく思います。
      厄払いで清々しい気持ちでスタートできるといいですね。
      では、失礼します。

  5. たらっぺ より:

    今から、厄払いに行ってきます

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      いってらっしゃいませ(^∇^)

  6. まな より:

    近々、厄払いにいくので
    とても勉強になりました
    ありがとうございます。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      お役に立てて嬉しいです。
      厄除けは、気分を一新する気分にもなりますよね。
      今年が良き年でありますように。

  7. えんぺらーぺんぎん より:

    とてもいい勉強になりました。
    今年が本厄なので、どうやって厄除けに参ればいいかわからなかったのですが、これでしっかりと参りに行けそうです^^
    ありがとうございました。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございます。
      お役に立てて嬉しく思います(^∇^)
      厄除けのお参り、道中お気をつけて。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ