外仕事の場合、
はお弁当が心配になる。

 

今回は、
夏向けのお弁当のおかずについて、
まとめたよ。

 

お弁当が怖くなる夏のための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

外仕事のお弁当で夏に注意することは?

外仕事の方のお弁当は、
夏になったら以下の点に、
気をつけるようにしよう。

 

夏のお弁当作りで注意すること
  • 生の食材は入れない
     ○かまぼこや練り製品なども火を通す
  • 濃いめの味付けにする
     ○濃いめの味付けの方が傷みにくい
  • 弁当箱に入れる前に覚ます
  • ご飯とおかずは別の容器にする
  • ご飯に梅干しや酢を入れる
     ○炊くときに
  • 殺菌効果のある食材を使う
     ○梅干し、ネギ、ショウガなど

 

夏のお弁当の保管など

次にのお弁当で、
外仕事の人が持ち運ぶとき、
気をつける点をお伝えするよ。

 

外仕事の人のお弁当の保管
  • お弁当の温度を上げない
     ○置くのは日陰で涼しい場所が良い
     ○クーラーバックなどに入れたい
  • 中身を凍らせたペットボトルを活用
     ○ペットボトルの中身を凍らせて氷代わりに
     ○クーラーバックなどに一緒に入れたい

スポンサードリンク

夏のお弁当に入れてはいけないおかず

夏の弁当に、
入れてはいけないおかずがある。

 

このようなおかずは、
絶対に入れないようにしよう。

 

夏のお弁当箱にNGなおかず
  • ソース
     ○水分が多くて傷みやすい
     ○必要ならしっかりと煮詰める
  • 生卵や半熟の玉子
     ○火が通っていないので傷みやすい
  • 揚げ物
     ○油が傷んでいる場合もある
     ○傷んでいても気付きにくい
  • 生野菜
     ○細菌が付着していることが多い
  • マヨネーズを使った食ベ物
     ○食ベ物の例
       タルタルソース
       マカロニサラダ
       ポテトサラダ
     ○他のおかずと混ぜると水分が出やすい
       →細菌の繁殖原因になる
     ○マヨネーズが欲しい場合
       密封された物を別途持っていく
  • 海苔
     ○熱いご飯の上に乗せると多量の水分がつく
     ○海苔は乾いた状態で別で持っていく
       →食べるときに使う

 

外仕事の人にオススメのおかず

梅干し

の外仕事。

 

すごく体力を使うよね。

 

だから以下のようなおかずを用意して、
疲れに対抗したい。

 

外仕事の向けのおかず
  • 酸っぱい物
     ○酢の物や梅干し
     ○クエン酸が疲労を抑えてくれる
  • 豚肉+玉ねぎ+ニンニクの料理
     ○豚肉に含まれるビタミンB1が疲労を回復させる
     ○玉ねぎやニンニクを組み合わせると吸収率がアップする
       豚肉のビタミンB1の吸収効率がアップする

 

梅干しや酢については、
コチラの記事を参考にしてね。

お弁当に梅干し!防腐効果を120%凄くする方法

 

終わりに

夏のお弁当は、
食べるのが少し怖い。

 

でもしっかりとした対策をすれば、
不安も減るハズ。

 

夏のお弁当は、
心の負担を減らすためにも、
しっかりと食中毒対策をしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい