鯉のぼりは誰が買う?鯉のぼりバトル勃発前に知りたい豆知識

端午の節句といえば、
屋根よりも高い鯉のぼり……で、誰が買うの?

 

鯉のぼりは高価だからか、
押し付け合いか購入権の奪い合いの、
どちらかに陥りやすい。

 

今回のリサーチでは、
誰が鯉のぼりを買うのかをまとめた。

 

今回の記事は、鯉のぼりバトル勃発前に役立てよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

鯉のぼりを買うのは誰?

鯉のぼりを用意するのは、
妻側の家族だといわれている。

 

これには理由があって……

 a0150_000127

昔は夫側の両親と嫁いだ女性は、
同居が当たり前だと考えられていた。

 

だから娘が嫁いだ夫の家に、
妻側の両親が様子を見に行く時に、
鯉のぼりを持参していた。

 

でも、今は

現代は昔と違って、
同居している家は少ない。

 

このため妻側が、
鯉のぼりを用意する風習は、
少しずつ廃れつつある。

 

それに兜や鎧まで用意するのなら、
相当な負担となる。

 

このため、
現代は昔と違っている点が多い。

 

では、現代はどんな購入方法なのか、
そのパターンをまとめると……。

 

今の状況
  • 節句飾り
     ○男女関係なく妻側が用意
  • 男の子の節句飾り
     ○夫側が用意
  • 兜&鎧、鯉のぼり
     ○片方ずつ夫側と妻側が分担する
  • 次男の節句飾りのみ
     ○夫側が用意する
  • 両家が仲良く折半
  • 親に頼らず自分で用意する

 

上記のようなパターンが多い。

 

それと地域によっては、
特別な取り決めがある場合もある。

 

地域ごとの取り決めは、
かなり細かいから説明が難しい。

スポンサードリンク

鯉のぼりを買うのは難しい

端午の節句を迎えた子どもを持つ親にとって、
鯉のぼりを買うのは難しい。

 

なぜなら子どものことだけでなく、
両家の関係も考えないといけないから。

 people-315014_640

それに鯉のぼりには伝統がある。

 

伝統があるという事は、
色々な取り決めも存在するんだよね。

 

一昔前であれば、
取り決めは時代に合った物だったんだけど……。

 

先に書いたように、
親と同居して暮らす人が減るなど、
昔とは環境が違ってきている。

 

だから、伝統のある鯉のぼりに、
これまで行われてきた前例を当てはめるのが、
難しいのが現実なんだ。

 

まとめ じゃあ、誰が買えば良いの?

鯉のぼりは誰が買う

 

この質問への答えは、
現在は存在しないと言える。

 

なぜなら取り決めの前提である、
嫁は夫の両親と暮らす!という部分が、
時代の流れとともに変わってしまったから。

 

だから、鯉のぼりの購入には、お金がかかるので、
両家で話し合って折半し合うのが良いかもしれない。

 

ただ鯉のぼりのデザインで揉めるかもしれないから、
両親が鯉のぼり選びの手綱をしっかりと握っておく必要があるけどね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ