赤ちゃんの夜泣きはいつから?その時が来る前に知っておきたい話

赤ちゃんの夜泣きで悩む人も多いのでは?

 

今回のリサーチでは、
赤ちゃんの夜泣きについてまとめた。

 

夜泣きの正体~放置の大切さについての記事さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

赤ちゃんはなぜ夜泣きをするのか?

赤ちゃんの夜泣きに、
悩むお母さんも多いのでは?

 

夜泣きは睡眠サイクルと、
深い関係がある。

 

夜泣きと睡眠サイクルの関係

大人の睡眠であれば、
深い眠りと浅い眠りを、
繰り返すことになる。

 

でも赤ちゃんの睡眠サイクルは、
大人と比べると安定していない

 

このため、
浅い眠りの時に目がさめやすいんだ。

 

で、浅い眠りの時に目が覚めると、
赤ちゃんは気分が悪くてストレスを感じる。

 

そのストレスが原因で夜泣きをするんだ。

他の原因

夜泣きはお腹がすいた場合や、
喉が渇いた場合……。

 

他には部屋の温度が低かったり、
体調が悪かった場合など、
色々な原因がある。

 

もちろん先程書いた、
睡眠のリズムが狂った時が、
代表的な夜泣きの原因だけどね。

 

赤ちゃんの夜泣きを放置すると?

赤ちゃんの夜泣きを放置すると、
一層激しく泣き続ける。

 

そして夜泣きを放置されると、
人を信用しなくなるとも言われている。

 

でも夜泣きの放置が必要との意見もあるよ。

夜泣きを放置を必要とする例

夜泣きの放置も必要との考えもある。

 

その考えによると放置することで、
赤ちゃんに自分で寝ることを覚えさせられる。

 

でも夜泣きを最初から無視するのではなく、
少しずつ慣らしていくという形になる。

 

放置の慣らし方

最初は、
泣き続ける赤ちゃんの所に行き、
声を掛けたりする。

 

この感覚を少しずつ長くすることで、
夜泣きは改善されて行く。

スポンサードリンク

夜泣きはいつまで続くのか?

夜泣きに困っている人は、
いつまで夜泣きが続くのか、
不安を感じているかもしれない。

 

夜泣きが始まるのは、
一般的に生後6か月あたりから。

 

早ければ、
生後4カ月後からは夜泣きが始まる。

 

逆に遅い場合、
生後2年からという場合も……

 

でも、夜泣きが早くても遅くても、
赤ちゃんの成長に問題があるわけではない。

 

だから安心しよう。

夜泣きが終わるのは?

赤ちゃんの夜泣きが終わる期間には、
個人差がある。

 

一般的には、
2ヶ月~3ヶ月で夜泣きは終わる。

 

まとめ

赤ちゃんの夜泣きは、
色々と大変だよね。

 

ストレスが溜まって、
さらに疲れも出てしまうのが現実

 

だから赤ちゃんとどのように接するか以外にも、
休憩とストレス解消をどのようにするかも大切だよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ