鯉のぼりは、いつからいつまであげる?正しい飾る時期はこの日!

鯉のぼりを飾るのは、
いつから、いつまでなんだろう?

 a0150_000127

私が子どもの頃は、
友達の家では飾るのに……。

 

と、ちょっと寂しい想いをした。

 

そんな鯉のぼりを飾る正しい時期について、
今回のリサーチではまとめた。

 

いつの間にか、周りが片付けて自分の家だけ( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

鯉のぼりの由来や意味は?

鯉のぼりをあげる時期を知る前に、
まずは豆知識として由来を勉強してみよう。

 

鯉のぼりを上げるのには、
ちゃんとした意味があるんだ。

 

鯉のぼりの由来と意味

まず、端午の節句(子どもの日)は、
平安時代にはお祝い行事として存在していた。

 children-491601_640

鯉のぼりは、
そんな端午の節句で挙げられるよね。

 

では、いつごろから、
端午の節句で鯉のぼりが、
あげられるようになったのかというと……。

 

鯉のぼりをあげる風習は、
江戸時代にまでさかのぼるんだ。

 

江戸時代の鯉のぼりは、
最初は武家のみの風習だった。

 

江戸時代の鯉のぼり

初期の鯉のぼりは、
紙や布に鯉の絵を書いただけの物を、
飾っていたといわれている。

 

この絵の鯉は風を受けて、
たなびくように作られていていたんだ。

 

風にたなびくという点は、
現在の鯉のぼりとの共通しているよね。

 

なぜ鯉の絵を描いていたのか

a0777_000039

鯉の絵を、
なぜ書いていたのか?

 

その理由は鯉の産卵にある。

 

鯉というのは産卵する時期になると、
川を上流に向かってさかのぼっていく。

 

この上流へとのぼる姿が、
出世や偉くなることに結び付いたというのが、
説の一つとされている。

 

今よりもシンプルな色使いだった江戸の鯉のぼり

江戸時代の鯉のぼりは、
黒い鯉だけをあげるものだった。

 

黒い鯉は真鯉(まごい)といわれている、
現在の鯉のぼりでいう所のお父さん鯉

 

それが明治に入ると、
赤い鯉である緋鯉(ひごい)も飾るようになった。

 

緋鯉というのは、
現在の鯉のぼりでいう所のお母さん鯉

 

そして昭和時代になって、
小さめの青い鯉もあげられるようにあった。

 

さらに時代が進むと、
オレンジやら多くの色が付け加えられるようになった。

スポンサードリンク

鯉のぼりをあげる時期は、いつからいつまで?

では、この記事のメインテーマである、
鯉のぼりをあげる時期について、
ここではまとめるよ。

 calendar

鯉のぼりを、
いつからあげるのかなんだけど、
結論を言えば決まっていない。

 

ただ世間の傾向を調べると、
4月上旬に鯉のぼりをあげて、
5月の上旬に鯉のぼりをおろす。

と、いうパターンが多い。

 

具体的な日にちは?

4月上旬に鯉のぼりをあげて、
5月の上旬に鯉のぼりをおろす。

 

もう少し具体的に言えば、
子どもの日の1ヶ月前である4月5日以降に飾り、
子どもの日が終わる5月5日以降にはしまう。

 

以降といわれても分からないよね。

 

そこで具体的な日付を言うと、
大安の日を目安にする人が多い。

 

上記をまとめると

4月5日を過ぎて、
最初に訪れる大安に鯉のぼりをあげる。

 a0960_004383

だから2015年だと、
4月10日、4月16日あたりに、
鯉のぼりをあげる人が多い。

 

次にいつまであげるのか?
と、いうと……。

 

5月5日を過ぎて、
最初の大安に鯉のぼりをおろす。

 

だから2015年だと、
5月9日,5月15日に、
鯉のぼりをおろす人が多い。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
鯉のぼりのあげる時期と、
おろす時期をまとめた。

 

近所を見れば分かる場合もあるけど、
いつの間にか周囲がおろしたのに、
自分の家だけ……。

 

なんていう可能性もある。

 

だから鯉のぼりをおろす時期は、
5月5日を過ぎた頃には決めておきたいよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ