いちじく!女性に嬉しい栄養と効能

いちじく(無花果)は秋の味覚だよね!

 

 

夏の終わり頃から出回って、
季節の移り変わりを教えてくれる、いちじく。

 

 ichijiku12

今回、萌え猫がリサーチしたのは、
そんな、いちじくの栄養と効用について!

 

 

いちじくの栄養成分を見ると、
女性が喜ぶ効能がたくさん見つかるんだ。

 

 

もちろん男性にも役立つ健康効果だから、
今日の献立を考える参考にしてね。

スポンサードリンク

 

 

いちじくの素晴らしさ

この章では、
いちじくの特徴、成分、効果についてまとめるよ。

 

hakkenn11

3つの章に分けてあるから1つずつ見ていこう。

 

 

いちじくの特徴

いちじくは秋の果物だよね。

 

 

そんないちじくの特徴をまとめると、
こんな感じになるよ。

 

 

いちじくの特徴
  • 晩夏~初秋に出回る季節感のある食べ物
  • 欧米では乾燥したいちじくが人気
     いわゆるドライフルーツ
  • いちじくの食べ方は皮ごとでもOK
     皮をむく時は茎の部分からとる
     果物は栄養が川に集中する傾向がある
     皮の栄養のため薄い皮を残して食べる人もいる

 

 

いちじくの効能

ここでは、いちじくを食べた時に、
どんな効能が期待できるかをまとめるよ。

 

 

もちろんいちじくを食べただけで、
完全に病気とかを防げるわけではないけど、
病気の予防とかのプラスにはなるよね。

 

ichijiku11

 

いちじくの効能

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 抗癌作用
  • 整腸作用
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防

 

 

いちじく(生果)の成分

いちじくの成分について、
ココではまとめるよ。

 

 

季節感を感じさせてくれるだけじゃなくて、
成分を見ると色々な効果が期待できることが分かるよ。

 

ichijiku13

 

生果のいちじくの注目成分

  • ビタミンE
  • カリウム
  • カルシウム
  • ペクチン
     水溶性
  • クエン酸
     いちじくの果汁に多い
  • ベンズアルデヒド
     いちじくの香り成分
  • アントンシアニン
     いちじくの色素成分

 

ペクチンの特徴

  • 腸の活動を促進して便秘を予防
  • コレステロール値の上昇を抑える
  • 血糖値の上昇を抑える
  • 糖尿病の予防に役立つ
  • 動脈硬化の予防に役立つ

 

クエン酸の特徴

  • 疲労回復の補助
  • 肌トラブルを防ぐ

 

ベンズアルデヒド&アントンシアニン

  • がんを抑制する

 

 

更に果実から出る乳液には、
タンパク質分解酵素が含まれているから、
消化を助けてくれるよ。

 

 

いちじく料理のコツ

いちじくはフルーツなんだけど、
甘みの優しさを活かした料理にも使われるよ。

 

ryouri12

 

そしてフルーツの多くに含まれる、
タンパク質分解酵素をいちじくも持っている。

 

 

だからローストビーフと組み合わせて、
サラダのように食べても美味しいんだ。

 

 

ただ、タンパク質分解酵素は、
加熱すると働きが弱まってしまうんだ。

 

 

だから加熱料理に使う場合には、
タンパク質分解酵素の効果は期待できないよ。

 

いちじくを料理に使う大きなポイントは…
  • 甘みの優しさを活かす
  • タンパク質分解酵素は熱に弱い

 

 

美味しい、いちじくの選び方

最後に美味しいいちじくの選び方を書くよ。

 

sitahe

 

いちじくの分かりやすい選び方

  • 赤みが濃い皮のいちじく
  • 良い香りがする
  • 裂けていないもの
     おしり部分が裂けているのは完熟した証
     完熟すると日持ちしないから注意

 

 

まとめ

今回は、いちじくの効能について。

 

 

いちじくの効能は女性に嬉しい物が多い。

 

 

もちろん男性での健康にも役立つ効能が多くあって、
季節感とともに健康効果も与えてくれる嬉しいフルーツなんだ。

 

 

季節の移り変わりを感じながら食べて、
健康に役立つ栄養も沢山摂り入れよう!

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ