買い物の際に受け取るレシート。

 

このレシートには、色々な情報が書かれている。

  • いつ?
  • なにを?
  • どこで?
  • 何円で買った?

代表的な情報を並べると、こんな感じかな?

だからレシートは、自分の無駄遣いを知るためにもまとめておきたいと言われている。

 

今回は、そんなレシートを家庭で保管するためのアイデアを一つ提案させてもらうよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

レシートは節約のヒントが満載!

レシートを見れば、その人の買い物の傾向が分かる

 

例を出すと──

  • 朝にどんな物を買う傾向にあるのか?
  • 夜にどんな物を買う傾向にあるのか?
  • どのお店でお金を多く使っているのか?

──などという感じ。

 

レシート一枚では得られる情報が少ないけど、複数の枚数を見比べて共通点を考えると節約などの役に立つ。

 

また、カロリーの高い食べ物を買う時間帯などをチェックして、ダイエットに役立てることも。

 

こういった理由から、レシートは何枚もまとめることで貴重な情報源となる媒体だと言える。

 

でも問題となるのが、レシートが増えるとゴチャゴチャしてしまう点。

 

だから、レシートをスッキリ整理して保管するアイデアが必要となる。

 

レシートの保管を家庭で行う前に

レシートの保管は、種類別にファイルなんかに入れておく人が多い。

 

でも、それを行う前にレシート(領収書を含む)を補完する目的をハッキリさせておきたい。

 

保管の目的をハッキリさせることで、年を重ねるたびにレシートを保管したファイルが増えていくという事態を防げるからね。

 

家庭で保管することの多いレシート(領収書)
  • スーパーやコンビニのレシート
     ○目的1:家計簿への記載
     ○目的2:品物に問題があった場合の交換のため
       →だいたい1週間が目途
  • 保障期間の証明となる家電などのレシート
     ○目的1:保障を受けるため
       →保障期間中は保障書と共に保管
  • 公共料金の領収書
     ○電気代、ガス代、水道代など
     ○目的1:代金の引き落としに間違いがないかの確認
       →引き落としを確認後破棄
     ○目的2:お客様番号の確認のため
       →領収書を1枚だけ常に残す
  • クレジットカードの支払明細書や利用控
     ○目的1:引き落とし額に不備がないか確認する
       →正しく引き落とされたら破棄
  • 医療費関連の領収書
     ○目的1:確定申告で使うため
       →確定申告を行ってもしばらく手元に置く
         →間違いがあった場合、必要となることも

 

一般的な家庭の場合、だいたいレシートに関してはこのような目的で手元に保管することになる。

 

ちなみに確定申告の場合は、以下のような感じになる。

 

確定申告に必要なレシート(領収書)※2018年現在
  • 青色申告:7年間
  • 白色申告:5年間

 

レシートを保管を家庭で行うのなら第一に無くさないこと

レシートを家庭で保管する場合、最も気を付けないといけないのは当然ながら無くすこと。

 

次に気を付けたいのが、どこに仕舞ったのか分からなくなること。

 

三番目に気を付けたいのが、必要となったときすぐに取り出せるかということ。

 

この3点に気をつけることで、レシートの保管は成功したことになる。

スポンサードリンク

レシートを保管するためにクリアファイルを使おう

レシートを保管するのにオススメするのが、クリアファイル、日付を書けるシール、3つの箱を使う方法。

 

レシート保管に使う道具
  • クリアファイル
     ○12枚を3セット(合計36枚)
  • 日付を書けるシール
     ○全てのクリアファイルに貼る

  •  ○クリアファイルが入るサイズを3箱

 

行い方:ステップ1:道具の準備

3つの箱は、それぞれ違う種類のレシートや領収書を入れる。

 

各箱の用途
  • 箱1:買い物で使ったレシート
     ○コンビニやスーパーのレシートなど
  • 箱2:保障期間の証となるレシート
     ○家電などのレシートや保障書をセットで
  • 箱3:確定申告で使うレシート
     ○医療費のレシートなど

 

もしも会社などの備品を購入して立て替えることが多いのなら、4個目の箱を用意した方が良いかもしれない。

 

※4個目の箱は、もちろん立て替えたレシートなどのために使う。

 

行い方:ステップ2:クリアファイルにシールを張る

箱を用意したら、次はクリアファイルに日付を書いたシールを貼りつける。

 

日付と言っても、月だけを書く。

 

1月、2月、3月……などという感じで。

 

シールを貼りつけたら、先程用意した各箱にクリアファイルを入れる。

 

だから、各箱に1月~12月までのシールを貼りつけた12枚のクリアファイルが入ることになる。

 

行い方:ステップ3:実際にレシートを入れていく

ここまで来たら、あとは使うだけ。

 

箱の中に入れたクリアファイルに、その月に手元にやってきたレシートを入れていこう。

 

終わりに

今回お伝えしたレシートの保管方法は簡易的な方法。

 

なぜ3箱に分けるのかというと、レシートを取り出すタイミングの問題。

 

詳細は省くけど、全部まとめて保管をするよりも少しだけ取り出しやすくなる。

 

でも他にもレシートの保管方法はあるし、 あなたオリジナルの保管方法を考えることも可能。

 

だから今回お伝えした保管方法に固執せず、アナタにピッタリの保管方法を探してみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク