うなぎのかば焼きといえば、
スタミナが付く定番料理。

 

カロリーが高いというイメージがあるけど、
実はあの食べ物よりも、
カロリーが低いという事実が判明

 

今回のリサーチ対象は、
うなぎのかば焼きのカロリーについて

 

スタミナが気になる季節にしっおきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

うなぎでスタミナがつく理由

うなぎの蒲焼は、
スタミナが付くことで有名。

 

これには、
いくつかの理由があるよ。

 

うなぎでスタミナがつく理由
  • 体の抵抗力が高まる効果
     ○ビタミンAの効果
  • ビタミンAの吸収を高める効果
     ○脂質が多い
  • 栄養のバランスが良い
     ○ビタミンB1,B2,E,D,亜鉛,カリウム,鉄分などが豊富
  • 血中コレステロール値の抑制効果
     ○DHA,EPAが多い
  • 生活習慣病の予防効果
     ○DHA,EPAが多い
  • 血液サラサラ効果
     ○不飽和脂肪酸,DHA,EPAが多い

 

80gのウナギの蒲焼を食べただけで、
30代女性に必要とされる、
ビタミンAであれば200%
ビタミンDであれば300%が補給できる。

 

あとビタミンCを摂る事で、
栄養バランスが一層良くなる。

 

うなぎの蒲焼を食べる効果

うなぎの蒲焼

うなぎの蒲焼を食べることは、
スタミナを得る以外にも効果がある。

 

一例をあげると──

 

うなぎの蒲焼を食べる効果
  • ビタミンAの効果
     ○目の健康に良い
     ○がんの抑制効果
  • ビタミンBの効果
     ○成長の促進
  • ビタミンDの効果
     ○カルシウムの吸収補助
     ○骨粗しょう症の予防
  • ビタミンEの効果
     ○細胞の老化防止
     ○血行を良くする

 

うなぎのかば焼きのカロリー

うなぎのかば焼きのカロリーについて、
ここではまとめていくよ。

 

うなぎの蒲焼のカロリーについて、
100g当たりの平均はというと──

 

うなぎのかば焼きのカロリー(100g)
  • うなぎの白焼き:331kcal
  • うなぎの蒲焼(タレ):293kcal

 

意外にもタレ付きのうなぎの蒲焼よりも、
何もつけていない白焼きの方が、
カロリーは高い。

 

白焼きが蒲焼(タレ)よりもカロリーが高い理由

うなぎの蒲焼

タレを付ける一般的な、
うなぎの蒲焼は、
白焼きよりも長い時間をかけて焼く

 

このためうなぎの脂が、
多く落ちるためカロリーが低くなる。

 

スーパーで売っているうなぎの蒲焼

スーパーで売られている、
うなぎの蒲焼は、
1枚当たり160g~200gほど。

 

これを切って、
半分を食べるのが一般的。

 

だから1人辺りの、
うなぎを食べる量は、
80g~100g程となる。

 

うなぎの蒲焼のカロリーを他と比べると?

うなぎの蒲焼は、
100gで293kcalほど。

 

では他の食べ物(100g)と、
比べると──

 

うなぎの蒲焼のカロリーを他と比べると?
  • カルビ焼き肉(和牛):517kcal
  • サーロインステーキ(和牛):498kcal
  • 豚の生姜焼き:340kcal
  • 焼きさんま:299kcal
  • うなぎの蒲焼:293kcal
  • 鶏の唐揚げ:237kcal
  • さばの味噌煮:217kcal
  • ぶりの照り焼き:240kcal

 

上記を見るとうなぎの蒲焼は、
イメージよりもカロリーが低いと、
感じる人も多いかも。

スポンサードリンク

一日の摂取カロリーについて

1日の成人のカロリー摂取量は、
1800kcal~2000kcalほどとされている。

 

でもスリムな体型を目指していたり、
体を動かす機会の少ない女性は、
1500kcalで十分とされている。

 

一方でうなぎの蒲焼(タレ)は、
293kcalだから、
決してカロリーは大きくは無いけど問題がある。

 

にも色々と食べたくなってしまうこと。

 

うなぎの蒲焼のカロリーは一緒に食べる物が問題

うなぎの蒲焼は、
にも色々と食べたくなってしまう。

 

食べたくなる最たるものが白米

 

100gで168kcalあって、
一膳(160g)を食べると、
269kcal

 

うなぎの蒲焼と併せると、
結構なカロリーになるよね。

 

うな丼にした場合、
690kcalを超えるとされているよ。

 

うなぎの蒲焼を食べるときカロリーを抑えるには?

うなぎの蒲焼

うなぎの蒲焼は、
カロリーが高いとは言えない。

 

でも白米などを一緒に食べると、
どうしても合計のカロリーが高くなるけど、
うなぎの蒲焼だけというのは寂しい

 

だから、
うなぎのかば焼き以外も食べられるように、
カロリーを抑える工夫をしよう。

 

うなぎの蒲焼を食べるときカロリーを抑えるには?
  • ご飯の量を少なくする
  • うなぎの蒲焼は小さく切る
     ○ひつまぶしにしたりお茶づけにする
  • 山椒を一緒に食べる
     ○代謝が活発になってカロリーを消費する

 

あと、うなぎを食べるのは、
昼食にするようにしよう。

 

朝食と夕食のカロリーを、
調整できるから、
カロリー量をコントロールしやすいからね。

 

うなぎの蒲焼のカロリーとダイエット

 

うなぎの蒲焼は、
それ程のカロリーは高くない。

 

それにうなぎには、
ダイエットに役立つ効果がある。

 

それは不飽和脂肪酸の効果。

 

不飽和脂肪酸のダイエットに役立つ効果
  • 血液中のコエステロールを減らす
  • 血液中の中性脂肪を減らす
  • 高脂血症の予防
  • 血栓の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧の予防

 

これらの効果によって、
血流がよくなり、
新陳代謝も向上する。

 

この結果、
ダイエットに繋がるよ。

 

終わりに

スタミナ食とも呼ばれる、
うなぎの蒲焼。

 

カロリーが高いイメージがあるけど、
実はそれほど高くはない。

 

そんなうなぎの蒲焼は、
食べ過ぎに注意しながら食べて、
スタミナが欲しい季節を乗り切ろう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい