エナメル素材のは水に強い!

エナメル靴

 

と、いうのは

 

一部のエナメル靴は、
防水加工をしてあるけど、
大半は水を少しはじくだけ

 

だから、
雨の日に履いてはいけない。

 

今回は、
エナメル靴を雨の日に履いてはいけない理由と、
水に濡れてしまった時の対処法を、
リサーチしたよ。

 

エナメル靴を長く履き続けるコツさ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

エナメル素材の靴を雨の日に履いてはいけない理由

エナメル素材の靴は、
雨の日に履いてはいけない。

 

エナメルというのは、
革などの表面に、
樹脂をコーティングさせた物。

 

だから、
多少の水をはじくことは出来る。

 

でも、水に濡れた後は、
しっかりとお手入れをしないと、
色々と問題が起きてしまう。

 

エナメル靴が雨水などに濡れると

エナメル靴が雨水に濡れた後、
放置した場合どんなことが起こるのか?

 

エナメル靴を雨の日にはいて濡らすと、
シミ変色の原因になったり、
乾燥後にヒビ割れが起きたりする。

 

いずれも、
取り除くのが困難だから、
プロに任せざるえなくなる。

 

だからエナメル靴は、
決して雨の日に履いてはいけない。

 

もし履くのであれば、
履いたあとのお手入れが、
絶対に必要となるよ。

スポンサードリンク

エナメル靴を雨の日にはいてしまった場合は?

エナメル靴を履いて出かけたとき、
雨に降られた!

 

こんな時もあるよね。

 

このような場合は、
エナメル靴のお手入れが、
必要になる。

 

雨に濡れたエナメル靴のお手入れについて

雨の日

エナメル靴が雨水に濡れ得た場合、
すぐに乾かす必要がある。

 

家に帰ったら、
靴の汚れを落とすよりも、
乾かすことを優先しよう。

 

では、
雨水に濡れたエナメル靴を乾かすには、
何をすればいいのかというと……。

 

雨水に濡れたエナメル靴を乾かすには?
  1. 濡れたエナメル靴を新聞紙の上に置く
  2. 新聞紙を丸めて靴の中に詰める
  3. 30分したら新聞紙を交換する
     ○敷いた新聞紙と、靴に詰めた新聞紙の両方を交換
  4. その後、新聞紙が塗れなくなるのを目指す
     ○濡れなくなるまで新聞紙を30分おきに交換する
  5. 新聞紙が濡れなくなったら一晩おく
     ○乾いた新聞紙を敷いたり詰めたりした状態で
     ○直射日光には当てず靴の形を整えて陰干しする
       エナメルは直射日光に弱いため

 

この方法は、
新聞紙のインクが、
中敷きなどに移る場合があるので、
可能なら中敷きは抜いておこう。

 

シューズキーパーがあるのなら

エナメル靴

シューズキーパーがあるのなら、
エナメル靴がある程度乾いたあと、
シューズキーパーを使おう。

 

シューズキーパーを使って、
靴の形を整え陰干しして乾燥させると、
良い感じになるはず。

 

特に木製のシューズキーパーなら、
エナメル靴の水分を吸いながら、
形も整えられるからオススメだよ。

 

終わりに

エナメル靴を、
雨の日に履いてはいけない理由を、
今回は記事にした。

 

雨以外にもエナメル靴には、
熱や直射日光、乾燥に弱いという特徴がある。

 

だから保管方法やお手入れには、
かなり注意が必要な素材だと言えるよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい