肺がん治療最前線!検査と手術のコレだけは知っておきたい常識

肺がんの治療で気になるのが、
どんな検査を受けるかということと、
いざ、手術はどんな方法で行われるかということ。

 

今回のリサーチでは、
肺がんの病院で行われる治療方法をまとめた。

 

最新治療で注目されている、
光線力学的療法についても調べたよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

肺がんの検査方法

肺がんの検査方法は、
大きく分けて3つ存在する。

 

肺がんの検査方法
  • 健診
     ○肺に異常があるかどうかを検査する
      →血液検査やX線検査、喀痰細胞診が行われる
     ○健診で異常が疑われると鑑別検査が行われる
  • 鑑別診断
     ○胸部CT検査が行われる
      →胸部CT検査:複数の角度から胸部のレントゲン撮影を行う
     ○がんの大きさ、場所を調べる
     ○がんではないかと疑われると確定診断が行われる
  • 確定診断
     ○胸腔鏡検査、気管支鏡検査、経皮肺生検等が行われる

 

がんの診断結果は、
このように複数の検査を行った上で、
診断結果が出されるんだ。

 

だから、1度だけ診断を行って、
肺がんだと言われるような事はない。

 

肺がんの手術方法

肺がんの手術方法には、
3つの方法が存在する。

 

肺がんの手術方法
  • 標準手術
     ○最も肺がんを手術する時に使われる方法
     ○肺葉を切り離して、がんの転移を防ぐ
     ○リンパ筋の切除や片方の肺を丸ごと取る場合もある
  • 縮小手術
     ○肺小葉単位での、がん所灸手術
     ○がんが小さい場合に行われる
     ○体にかかる負担が小さい
     ○手術による肺機能の低下を最小限に抑えることが可能
     ○ただし、全てのがんをとれない場合もある
      →この場合は再発の可能性がある
  • 拡大手術
     ○肺の周囲も切除する手術方法
     ○広範囲のがんの場合に行われる手術
     ○体への負担がとても大きい

 

肺がんの最新治療方法について

kousenn11

肺がんの手術方法は、
進化を続けている。

 

特に最新治療として有名なのが、
光線力学的療法(PDT)。

 

早期肺がんであれば、
異常なまでに高い完治率を持つ、
最新治療方法なんだ。

 

光線力学的療法とは?

光線力学的療法は、
どんな治療方法なのか?

 

この治療方法は気管支鏡を挿入して、
レーザー光線により治療する手術方法

 

光線力学的療法は、
ピンポイントでがん細胞を破壊できる。

 

このため体にかかる負担も小さい。

 

さらに早期肺がんであれば、
完治する可能性も高いんだ。

 

スポンサードリンク

なぜ、体にかかる負担が少ないのか?

光線力学的療法は、
手術を行わない。

 itami15

だから体への負担も少なく、
呼吸機能の低下もしない。

 

このため光線力学的療法を行っても、
術後も生活への悪影響がない。

 

早期肺がんの完治について

光線力学的療法は、
早期肺がんであれば、
完治率が9割とされている。

 

この驚異的としか言えない完治率が、
光線力学的療法が注目されている最大の理由。

 

光線力学的療法の欠点

体への負担も少なく、
早期肺がんなら、
完治も期待できる光線力学的療法

 

でも欠点も存在する。

 

その欠点というのは……
早期肺がんにしか使えないということ。

 

早期肺がんの例
  • がんの大きさが1cm以下
  • 正常に肝機能が働いている
  • 呼吸機能が低下中
  • など

 

まとめ

肺がんは恐ろしい病気として知られている。

 

でも治療方法もまた、
多くの研究機関が必死に考えている。

 

光線力学的療法も、
そんな研究の成果として生まれた。

 

これからも新たな治療方法が、
生まれ続けることだろうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ