肺炎の症状から治療まで丸ごと教えます!

肺炎っていう病気は有名だよね。

 

でも具体的な症状とか原因を知っている人は、
少ないんじゃないかな?

 

ましてや病院での治療ってなると…

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、 
肺炎の症状と原因や治療方法について。

 

肺炎の基本と治療の流れを勉強してみよう!

スポンサードリンク

肺炎の特徴

まずは肺炎の大きな特徴をまとめるよ。

 

肺炎の大きな特徴
  • 肺炎は風邪やインフルエンザがキッカケに起こることが多い
  • 肺炎の原因は細菌やウイルスなど多数ある
  • 肺炎の原因の3割程度が細菌の肺炎球菌
  • 日本人の死因の4番目が肺炎

isya01

 

肺炎の原因は何種類もの細菌やウイルス以外にも、
寄生虫やカビなど色々とあるんだ。

 

そんな肺炎の原因を大きくまとめると…

 

肺炎の原因
  • 細菌
  • ウイルス
  • カビ
  • 原虫
     原虫とは微生物の一種
  • 寄生虫
  • 喫煙
  • 誤飲
     食べ物などが肺に入ったりした場合

 

肺炎の怖い確率

肺炎の怖さは、
罹る可能性と症状の重さが、
両立されてしまっている所なんだ。

 

肺炎に掛かる人の割合
  • 10万人中25人
     肺炎が原因で医療行為を必要とした人から割り出された数字
     他の病気と比べて高い確率でもある

nodo11

 

年齢別の肺炎が原因となった死亡人数を見ると、
年齢が高いほど亡くなる確率が高い特徴があるんだ。

 

これは肺炎の症状は体力が落ちると、
耐えられない場合が多いとからなんだ。

 

肺炎の死亡した人(10万人中)
  • 45歳~49歳=1.6人
  • 55歳~59歳=6,1人
  • 65歳~69歳=21.4人
  • 75歳~79歳=111.3人

 

肺炎の症状

肺炎の症状は、
風邪やインフルエンザに似ているって有名だよね。

 

でも、原因となった細菌やウイルスによっては、
風邪とかと違う症状が出る場合があるんだ。

 

 

最初に肺炎の基本的な症状をまとめるよ。

 

肺炎の基本的な症状
  • 咳が長引く
  • 痰(タン)に長く悩む
  • 炎症の箇所次第では胸痛
  • 重症になると呼吸困難に
  • 重症になると意識障害に

kaigo01

次に風邪の症状と少し違う状態になる肺炎の例として、
マイコプラズマ感染症の肺炎についてまとめるよ。

 

マイコプラズマ感染症は高齢者の方だと、
肺炎にかかっていると自覚できる症状が少なくて、
手遅れになることも…

 

マイコプラズマ感染症
  • 痰(タン)が出ない空咳(からぜき)が続く
  • 発熱しないことも多い
  • 食欲不振
  • 元気が出ない

 

高齢者の方だと空咳や食欲不振とかは、
日常的に経験される方も多いから勘違いしちゃうんだ。

スポンサードリンク

病院に肺炎で行ったら?

 

ここでは肺炎になって病院に行った場合は、
どんな対応をされるのか書いていくよ。

 

だから肺炎かどうかの、
診断~肺炎の治療までだよ。

 

肺炎の診断法

chiryou11

肺炎はどのように診断されるかについてだけど、
肺炎には沢山の原因があるんだ。

 

だから症状を見ながらお医者さんは、
検査方法を考えていくよ。

 

基本的な診断方法
  • 問診
  • 胸部のレントゲン撮影
  • 血液検査

 

問診は症状の把握が目的。

この問診でウイルスが原因だと思われる場合は、
特別な血液検査を最初から行うこともあるよ。

 

 

でも大半の肺炎は、
レントゲン撮影と血液検査で診断の結果を出すよ。

 

レントゲン写真を診て肺に影が異常な形で写っていたり、
血液検査で異常が見つかったりして診断されるんだ。

 

診断結果を出せない時は?

syujyutsu12

当然レントゲン検査や血液検査で、
肺炎かどうかって診断結果を出せない時もある。

 

診断結果を下せない時には、
更に詳しい検査が行われるよ。

 

確定できなかった場合の検査
  • 痰を調べる検査
  • CT検査(胸部の)
  • 血液の酸素状態を検査
  • など

 

肺炎だと診断して治療しても、
肺のレントゲン写真にに映った影が消えない時は、
別の病気の可能性も含めて検査をするよ。

 

肺炎の治療法

tennteki11

肺炎の治療の基本は、
入院して安静にしていること。

 

でも体の状態が良くて肺炎も軽い症状なら、
入院をしないこともあるんだ。

 

入院しない場合は、
薬の内服と外来で点滴をしながら、
治療をしていくことになるよ。

 

入院した場合の基本的な治療は以下のとおり。

 

肺炎の一般的な治療
  • 薬による治療が基本
     肺炎に使う抗菌薬は原因にあわせて使用
     薬剤は服用と点滴を使い分けながら使う

 

まとめ

今回は肺炎に関しての、
症状、原因、診断、治療について、
大雑把にまとめたよ。

 

今回の記事は肺炎そのものと、
病院なんかでの対応の全体像を、
知る参考になれたかな?

 

肺炎というのは、
風邪と症状が似ている。

 

病院に行ったら、
実は肺炎だった……。

 

このような場合もあるから、
風邪だと思っていても症状がキツイのなら、
早めに病院に行くようにしようね。

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい

10 Responses to “肺炎の症状から治療まで丸ごと教えます!”

  1. みまな より:

    友達が急に肺炎になってびっくりして、調べてからお見舞いに行きました。(荷物持って。)

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      お見舞い、お疲れさまでした。
      肺炎というのは、縁が薄いように思える病気ではありますが、意外と身近な病気ですから。
      私たちも気を付けなければなりませんよね。

  2. 医者は雑 より:

    今、息子が肺炎になってしまったのですが、数日熱も39度以上が続き、咳、悪寒、食欲不振、が数日続いたので病院に行き診察を受けたら、熱を下げる薬をもらい、良くならなかったらまた来て下さい。と言われ帰ったのですが、咳が一晩中収まらず酷かったので次の日また病院に行きました。そしたら聴診器で胸を聞いて音はきれいだから大丈夫と言われました。なのでまた家に帰ったのですが、熱と咳が酷かったので次の日また行ったら、やっとレントゲンを撮ると言われました。結果片方の肺は真っ白に言われた事が進行性の早い肺炎で教科書に載せたいくらいだったそうです。もっと早く病院に来てくれればよかったのにと。怒り通り越して鼻で笑いました。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      医者は雑さんの経験なされた出来ごとのセリフは、医師としての資質を疑いたくなる言葉ですね。
      怒りを感じると共に、同時に恐怖も感じました。

  3. あしゅ より:

    10月31日から肺炎で入院中です。
    2週間前から風邪かな?なんか調子悪いな。と思いながら仕事してたんですよね。でも日に日に変な咳がでるわ食欲がないわ寝ていて変な幻覚みるわで流石に何か変だと思いつつ市販の薬を飲んでましたか、
    流石に29日位から仕事も自分でなにをしているのか分からなくなり31日に休みを貰い近所の町医者行ってレントゲン撮ったら、片肺全部ともう片肺半分みごとに炎症を起こしていて自覚は無かったけど熱が40℃あり、近所の市民病院に緊急入院なりました。
    最初結核を疑われて個室に閉じ込められ酸素吸入と点滴を繋がれ6日間隔離され大変でした。今は肺の影も大分なくなり今週退院予定でしたが、入院時、肝臓も大分弱ってたのと時間的に通院が難しいとの事で、退退院した後の通院は来週の月曜日になりそうです。
    こんなことになるなら早めに病院行けばよかったし、まさか病気で入院は無いだろうと、ケガとガン保険しか入ってなかったので入院費の支払いや休んだ分の給料で頭か痛いです。
    (傷病手当てや限度額適用認定証とか会社が手続きしてくれるとの事)
    入院すると自分も大変だし急に休むことにより会社に迷惑も掛けてしまうので今回の件は非常に良い?経験になりました。
    皆さんも体調が悪かったらなるべく早く病院に行くことをおすすめします。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      入院、お疲れさまでした。
      肺炎は、一旦なると完治に時間がかかりますし、入院することも多く、仰る通り懐にも厳しい病気でもありますよね。
      退院後も体力が落ちているかもしれませんので、お体をお大事になさってください。

  4. 母が肺炎 より:

    母が肺炎で入院していて、夜間等寒いと発熱します。
    姉が処置中寒そうで、カーデガンをはおらせてくださいとか、
    布団しっかりかけてとか、電気敷毛布使用お願いしたのですが、
    いずれも、熱がこもるからと看護士に断られています。
    姉が付きっ切りで布団などかけてると、熱が下がるようなのですが? 看護士が正しいのか、困っています。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      プロである看護師さんの指示に従った方が良いのですが……身近な方の、辛そうな姿は見ていて辛いですよね。

      発熱すると、外気よりも体温が上昇するため、寒いと感じるものです。
      ある一定の発熱であれば体を温めても良いのですが、一定のラインを超えて体を温めると体の細胞が熱で損傷するとされていますよね。

      こういった事が理由で熱がこもらないように看護師さんはしているのだと思いますが、「なぜ熱がこもってはいけないのですか?」と、理由を訊ねてみた方が良いかもしれませんね。

      色々と考えてしまい、母が肺炎さんやお姉さまも疲れ果ててしまうと思いますから。

      また、熱がこもるのが原因で布団などがダメ。
      なら、寒さを退けるのではなく、寒さを和らげることを目指して、薄手のシーツを使ったり、体の一部だけ温かい格好にするなど、次善の策が無いか看護師さんと相談してみるのが良いかもしれませんね。

      もちろん、看護師さんなどプロの指示を第一とするのは絶対なので、それらもダメだと言われたら看護師さんに従うことになりますが……。

  5. かお より:

    倦怠感や発熱、関節の痛みが二週間ほど前からあり、昨日肺炎と診断されました。点滴に通ってくださいと言われましたが仕事があるため毎日通うのは難しそうです。
    点滴通院は二日おきとかではダメなのでしょうか?(7回くらいと言われました)
    今はとにかく眠い(薬のせい?)ので暇があれば横になっています。

    肺炎の場合、職種によっては出勤停止等ありますか?禁煙もしなくてはいけないですね。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      コメントありがとうございました。
      肺炎、ご無理なさらず、お大事になさってください。

      点滴に通うというのは大変ですよね。
      眠気もあるようですし、車の運転なども難しそうですし。

      職種によると言うよりも、症状次第で休む必要があるのは確かです。
      それ以前に、肺炎と言うだけで体を労わらないと、大変なことになりますから……。
      肺炎を悪化させて長期間休まなければならなくなる可能性を考えると、会社を休んで養生なされるのが一番なのですが、仕事によっては難しいですよね。

      一般論になってしまいますが──
      まず医師と相談して症状について診断書を書いてもらう。
      その後、診断書を持って会社側と相談するのが良いでしょう。

      点滴通院に関しても、医師との相談が必要でしょうね。
      症状の程度によって、適切な対処法と言う物が変わってくるので。

      明確なお答えを返せずすみません。

      ご無理なさらず、お大事になさってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ