肺炎っていう病気は有名だよね。

 

でも具体的な症状とか原因を知っている人は、
少ないんじゃないかな?

 

ましてや病院での治療ってなると…

 

今回、萌え猫がリサーチしたのは、 
肺炎の症状と原因や治療方法について。

 

肺炎の基本と治療の流れを勉強してみよう!

スポンサードリンク

肺炎の特徴

まずは肺炎の大きな特徴をまとめるよ。

 

肺炎の大きな特徴
  • 肺炎は風邪やインフルエンザがキッカケに起こることが多い
  • 肺炎の原因は細菌やウイルスなど多数ある
  • 肺炎の原因の3割程度が細菌の肺炎球菌
  • 日本人の死因の4番目が肺炎

isya01

 

肺炎の原因は何種類もの細菌やウイルス以外にも、
寄生虫やカビなど色々とあるんだ。

 

そんな肺炎の原因を大きくまとめると…

 

肺炎の原因
  • 細菌
  • ウイルス
  • カビ
  • 原虫
     原虫とは微生物の一種
  • 寄生虫
  • 喫煙
  • 誤飲
     食べ物などが肺に入ったりした場合

 

肺炎の怖い確率

肺炎の怖さは、
罹る可能性と症状の重さが、
両立されてしまっている所なんだ。

 

肺炎に掛かる人の割合
  • 10万人中25人
     肺炎が原因で医療行為を必要とした人から割り出された数字
     他の病気と比べて高い確率でもある

nodo11

 

年齢別の肺炎が原因となった死亡人数を見ると、
年齢が高いほど亡くなる確率が高い特徴があるんだ。

 

これは肺炎の症状は体力が落ちると、
耐えられない場合が多いとからなんだ。

 

肺炎の死亡した人(10万人中)
  • 45歳~49歳=1.6人
  • 55歳~59歳=6,1人
  • 65歳~69歳=21.4人
  • 75歳~79歳=111.3人

 

肺炎の症状

肺炎の症状は、
風邪やインフルエンザに似ているって有名だよね。

 

でも、原因となった細菌やウイルスによっては、
風邪とかと違う症状が出る場合があるんだ。

 

 

最初に肺炎の基本的な症状をまとめるよ。

 

肺炎の基本的な症状
  • 咳が長引く
  • 痰(タン)に長く悩む
  • 炎症の箇所次第では胸痛
  • 重症になると呼吸困難に
  • 重症になると意識障害に

kaigo01

次に風邪の症状と少し違う状態になる肺炎の例として、
マイコプラズマ感染症の肺炎についてまとめるよ。

 

マイコプラズマ感染症は高齢者の方だと、
肺炎にかかっていると自覚できる症状が少なくて、
手遅れになることも…

 

マイコプラズマ感染症
  • 痰(タン)が出ない空咳(からぜき)が続く
  • 発熱しないことも多い
  • 食欲不振
  • 元気が出ない

 

高齢者の方だと空咳や食欲不振とかは、
日常的に経験される方も多いから勘違いしちゃうんだ。

スポンサードリンク

病院に肺炎で行ったら?

 

ここでは肺炎になって病院に行った場合は、
どんな対応をされるのか書いていくよ。

 

だから肺炎かどうかの、
診断~肺炎の治療までだよ。

 

肺炎の診断法

chiryou11

肺炎はどのように診断されるかについてだけど、
肺炎には沢山の原因があるんだ。

 

だから症状を見ながらお医者さんは、
検査方法を考えていくよ。

 

基本的な診断方法
  • 問診
  • 胸部のレントゲン撮影
  • 血液検査

 

問診は症状の把握が目的。

この問診でウイルスが原因だと思われる場合は、
特別な血液検査を最初から行うこともあるよ。

 

 

でも大半の肺炎は、
レントゲン撮影と血液検査で診断の結果を出すよ。

 

レントゲン写真を診て肺に影が異常な形で写っていたり、
血液検査で異常が見つかったりして診断されるんだ。

 

診断結果を出せない時は?

syujyutsu12

当然レントゲン検査や血液検査で、
肺炎かどうかって診断結果を出せない時もある。

 

診断結果を下せない時には、
更に詳しい検査が行われるよ。

 

確定できなかった場合の検査
  • 痰を調べる検査
  • CT検査(胸部の)
  • 血液の酸素状態を検査
  • など

 

肺炎だと診断して治療しても、
肺のレントゲン写真にに映った影が消えない時は、
別の病気の可能性も含めて検査をするよ。

 

肺炎の治療法

tennteki11

肺炎の治療の基本は、
入院して安静にしていること。

 

でも体の状態が良くて肺炎も軽い症状なら、
入院をしないこともあるんだ。

 

入院しない場合は、
薬の内服と外来で点滴をしながら、
治療をしていくことになるよ。

 

入院した場合の基本的な治療は以下のとおり。

 

肺炎の一般的な治療
  • 薬による治療が基本
     肺炎に使う抗菌薬は原因にあわせて使用
     薬剤は服用と点滴を使い分けながら使う

 

まとめ

今回は肺炎に関しての、
症状、原因、診断、治療について、
大雑把にまとめたよ。

 

今回の記事は肺炎そのものと、
病院なんかでの対応の全体像を、
知る参考になれたかな?

 

肺炎というのは、
風邪と症状が似ている。

 

病院に行ったら、
実は肺炎だった……。

 

このような場合もあるから、
風邪だと思っていても症状がキツイのなら、
早めに病院に行くようにしようね。

スポンサードリンク




あわせてお読み下さい