お弁当箱を保冷剤で冷やすのは、
夏であれば常識!

保冷剤

 

保冷剤を使い始めるのは、
予想最高気温が25℃を、
超えそうな日を目安にすればいい。

 

でもここで注意したいのが、
保冷剤の入れ方

 

保冷剤の入れ方次第で、
その効果が大きく違ってくる

 

今回まとめたのは、
お弁当箱をよく冷やす、
保冷剤の入れ方について。

 

保冷剤を使う時期になったら活かしたい知識さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

保冷剤とは?

保冷剤には色々な種類がある。

 

まぁ、実物を見てもらった方が早いよね。

 

楽天の保冷剤一覧へ

 

ケーキ屋さんでケーキを買ったとき、
箱に入れてくれるアレもそうだし、
100円均一で売っている、
プラスチック容器のヤツも保冷剤。

 

そんな保冷剤の良い所は、
冷やすことで何度も再利用できることだよね。

 

お弁当箱を保冷剤ですごく冷やすコツ

保冷バッグ

保冷剤でお弁当を冷やす場合、
一緒に保冷バッグなどに入れる。

 

このときどのように保冷剤を、
配置するのかによって、
効果に違いが出てくる。

 

ではどのように、
保冷剤を配置すれば良いのだろう?

 

まず保冷剤を使うときの基本から。

 

保冷剤の配置方法
  • お弁当箱のフタの上に乗せる
     ○冷たい空気は上から下へと流れるから
     ○保冷剤で冷えた空気がお弁当箱の下に向かう
  • ガーゼで包む
     ○保冷剤には水滴が付くため

 

さらに保冷剤の効果を高めたいのなら?

 

上記の基本に以下の方法をプラスしよう。

 

更に保冷剤の効果を高めるのなら?
  • お弁当箱の底にも保冷剤を敷く
     ○特にアウトドア用グッズの保冷剤は効果が高い
  • 凍らせた飲み物や果物で隙間を埋める
     ○お弁当箱と保冷バッグやクーラーボックスとの隙間を埋める
     ○凍らせた500mlペットボトルのお茶などがオススメ
  • 凍らせた一口ゼリーなどをお弁当箱に入れる
     ○お弁当箱の中から冷やすため
  • 自然解凍で食べられるおかずをお弁当箱に入れる
     ○自然解凍で食べられる物が最近は増えている
     ○自家製の冷凍した食べ物の場合
       食べる直前に電子レンジ解凍をする

 

保冷剤には色々なサイズがある。

保冷剤と一言でいっても、
色々なサイズがある。

お弁当

 

このサイズによって、
小さい物は隙間に詰めやすく、
大きな物は空気に触れる面が少ないので、
溶けにくいという特徴があるよ。

 

だから大きな保冷剤で、
お弁当箱の上下を挟み、
周りの隙間に小さい保冷剤を、
詰めるとより効果が高まる。

 

逆に冷えすぎる可能性があるけど──。

スポンサードリンク

保冷剤のお弁当を冷やす効果を長持ちさせる方法

保冷剤を徹底的に使っても、
その効果がすぐに切れては使った意味がない。

 

お弁当を長く冷やし続けるには、
以下の点に気を付けよう。

 

保冷剤の効果を長持ちさせる方法
  • 保冷バッグ、クーラーボックスはなるべく開かない
     ○食べる直前まで開かない
     ○中の冷えた空気が逃げてしまうため
  • 保冷バッグ、クーラーボックスを直射日光に当てない
     ○直射日光の温度はバカにできない
  • 保冷バッグ、クーラーボックスを使う前に冷やしておく
     ○使うまで氷などで内側を冷やしておく
     ○出かける直前に中身をお弁当に入れ替える
  • お弁当箱をアルミシートで包む
     ○お弁当箱側に銀でない方が向く形で包む
     ○熱を反射させるため

 

保冷剤は何のために入れるのか?

お弁当は細菌が繁殖して、
中身が変質させられることで腐る。

夏

 

なぜになると、
お弁当が腐りやすくなるのかというと、
夏の温度は細菌にとって、
繁殖しやすい物だから。

 

細菌の多くは、
30℃~40℃が最も繁殖しやすい。

 

30℃~40℃というのは、
夏の温度と重なるよね。

 

だから夏になると、
細菌は繁殖しやすくなるんだ。

 

このことからお弁当の温度が、
30℃以上にならないように、
保冷剤を使用しているんだよ。

 

終わりに

保冷剤は多く使った方が、
効果は高くなる。

 

でも保冷剤を多く使うと、
保冷バッグやクーラーボックスの、
お弁当を入れるスペースが減る。

 

だから凍らせたお茶や、
凍らせた果物を保冷剤と一緒に浸かって、
限られたスペースを有効活用しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


あわせてお読み下さい